部屋を広く見せる工夫

私自身は、結構な片付け魔で、部屋を綺麗にするのが大好きです。

部屋を広く見せる工夫

私自身は、結構な片付け魔で、部屋を綺麗にするのが大好き・・・

★ 47歳 女性
私自身は、結構な片付け魔で、部屋を綺麗にするのが大好きです。
家具や物をいたずらに増やすことは、部屋を狭くすることになるので、極力避けたいと思っています。
物を買う時は、しまう場所や置き場所があるかどうか考え、無い場合は諦めます。そして、新しい服や靴を買う場合は、不要な物を一つ処分するというようにルールを決めておくと、クローゼットから物が溢れるということがありません。
片付けるのが苦手と言う人のほとんどは、収納場所に対して、物の量が多すぎるという特徴があると思います。部屋をスッキリとシンプルにしておくと、部屋も広く見えますし、掃除も楽なので苦にならないと思います。
あと、部屋の壁面に大きな鏡を置く、というテクニックを使う人もいますが、私自身は特に好きではありません。何となくわざとらしい感じというか、昔の娼館を連想させてしまうからです。
部屋の細かい仕切りを無くし、スッキリと片付け、絵や観葉植物を飾って立体感を作れば、充分広い感じに見えるのではないでしょうか。

部屋は散らかっていたり

★ 35歳 男性
部屋は散らかっていたり、整理がされていないと住みにくく感じたり、衛生的にも良くないです。

部屋を広く見せる工夫として、部屋を整理整頓することが大事です。
部屋が散らかっていて、足の踏み場もない状態だと、部屋が窮屈に感じることになります。きちんと整理されていれば、部屋が美しく快適で広々と使えます。不要なものを処分して部屋をすっきりさせると、とても気持ちよく開放感が出てきます。収納場所が多くあると、余計なものを片付けられすっきりします。
部屋を広く見せる工夫として、明るい色で統一すると良いです。
特に、白で統一させると圧迫感を感じにくくなるので、実際の面積よりも広く感じます。部屋が明るくなり、開放感がでてきます。
部屋の中を通る際には、よく通るところが人によって決まっていることも有り、よく通る場所には余計な物を置かないようにすると、邪魔にならず部屋を広々と使えるようになります。物があまり置かれておらず、床の見える部分が広いと部屋が広く感じます。


Copyright(c) 2014 部屋を広く見せる工夫 All Rights Reserved.